小積歯科医院 〒771-1151 徳島県徳島市応神町古川戎子野217 TEL:088-665-1212 駐車場完備 四国大学前より徒歩約2分

一般歯科

虫歯の原因は細菌です。虫歯の原因菌は糖分を栄養として増殖するほか、糖分を取り入れて酸を排出する性質があります。この酸によって歯が溶かされる症状が「虫歯」なのです。
虫歯は細菌感染によって起こる病気であり、進行してしまうと自然に治癒することはありません。歯科治療を受けないかぎりは、お口の健康は取り戻せないのです。

進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期の虫歯】

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。

適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

C1
【エナメル質の虫歯】

歯の表面のエナメル質が溶け、黒ずんでいる状態。冷たい物がしみることがありますが、まだ痛みはありません。

虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2
【象牙質の虫歯】

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛むこともあります。

虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)又はレジンで補います。

C3
【神経まで達した虫歯】

神経まで虫歯が進行した状態。熱い物がしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。

神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

C4
【歯根まで達した虫歯】

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿がたまると再び痛みが出ます。

多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。もちろん、可能な限り保存治療を優先します。

 

歯周病について


歯ぐきから出血?歯周病の可能性があります

このような症状があるなら、歯周病を発症している可能性があります。
歯周病は歯垢(プラーク)の中に潜む歯周病菌が、歯ぐきに炎症を起こす病気。進行すると歯を支える顎の骨(歯槽骨)まで溶かされ、最終的には歯が抜け落ちてしまうこともあります。自覚症状がないままに進行するため、症状に気がついた時にはかなり進行していることがほとんど。大切な歯を失ってしまうことのないよう、お口の異変に気がついたら、早めに当院へご相談ください。

日本人が歯を失ってしまう原因は歯周病にあり

歯周病は虫歯をおさえ、日本人が歯を失ってしまう原因第一位のお口の病気です。また、成人の約8割は歯周病に罹患している、もしくはその予備軍であるとさえいわれています。免疫力とも関係する病気ですので、30代を過ぎたら歯周病予防を心がけましょう。症状が出る前から、予防歯科の定期健診やクリーニングを活用することが、歯周病で歯を失わないための重要なポイントとなります。


歯周病と全身トラブル

お口の中の病気である歯周病が、実は全身の疾患やトラブルの原因となっていることが近年の調査で明らかになっています。歯周病菌が血管や気管の中へ入り込み全身を巡ることで、さまざまな病気を引き起こすのです。なかには命に関わるような疾患につながることもあるため、早めの治療と予防が大切です。

動脈硬化・心疾患・脳血管障害 糖尿病

歯周病菌が血管内で血栓を作りやすいことから、動脈硬化や心疾患・脳血管障害の原因となっていることが指摘されています。また、血流に乗って心臓へ至ると、心内膜炎を引き起こすことがあります。

歯周病は免疫力に関係するため、血糖値のコントロールにも悪影響をおよぼします。糖尿病とは相互の関連が深く、糖尿病患者は歯周病になりやすく、また歯周病が糖尿病を悪化させることもあり、双方の患者には注意が促されています。

誤嚥性肺炎 低体重児出産・早産

歯周病菌が誤って気管へ入り込み、気管や肺で炎症を起こすことで、肺炎を引き起こすことがあります。近年では介護の現場などで、歯周病予防による誤嚥性肺炎のリスク低減が注目されはじめています。

ホルモンバランスの影響で妊娠中の女性は歯周病になりやすくなっています。それだけでなく、歯周病菌が出す物質が陣痛のような子宮の収縮を促し、低体重児出産や早産のリスクを高めることが指摘されています。妊娠中の女性は歯周病を発症しないよう、十分な注意が必要です。


歯周病の検査について

歯周ポケット検査

「プローブ」というものさし状の器具を用いて、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。

レントゲン検査

顎の骨の状態をレントゲン撮影にて調べます。骨密度が低いほど、歯周病が進行しています。

歯の揺度検査

ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、グラつき度合いを調べます。グラつきが大きいほど、歯周病が進行しています。

 

歯周病の治療法

ブラッシング指導

一人ひとりのお口の環境に適した正しいブラッシング方法を指導します。
※ブラッシングは歯科医院での治療と合わせて行うご自宅でのケアとなりますので、継続して指導致します。
スケーリング 比較的軽度な症状の歯周病に対して行います。
「スケーラー」という器具を使って普段のブラッシングでは取り除けない、歯に付着した歯垢や歯石を除去します。
ルートプレーニング
スケーリングで除去しきれなかった、歯周ポケット奥深くにこびり付いた歯垢や歯石を「キュレット」という器具を用いて除去します。同時に、スケーリング後のザラついた歯面をなめらかに仕上げることで、汚れの再付着を防ぎます。
歯周ポケット掻
爬(そうは)術
軽度〜中等度の歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔を行って歯周ポケット内の歯垢や歯石、膿、感染した組織を除去します。
フラップ手術 中等度以上の進行した歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔をした後に歯ぐきを切開して顎の骨からはがし、露出した歯根に付着している歯垢や歯石を除去します。また、感染した組織も取り除きます。

根管治療とは


根管治療とは、細菌に感染したり損傷を受けた歯髄を取り除くことによって歯根周辺の病気を治療・予防するものです。 深い虫歯や歯の亀裂、歯への外傷によって歯髄が細菌に感染したり、損傷したり、歯髄死になることもあります。
そのまま放っておくと、歯根周辺の組織にも感染が広がり、痛みや腫れが生じます。
治療しないと抜歯が必要になるケースもあるため、早期に歯科医に診てもらうことが重要です。

根管治療の治療の流れ




【1】 深い虫歯によって、歯髄が細菌に感染した歯

【2】 虫歯部分を除去し、歯冠から歯髄腔まで穴をあけます。

【3】 リーマーやファイルという器具を用いて、歯髄腔および根管と感染された象牙質等をていねいに除去します。




【4】 歯髄腔および根管を生物学的親和性を有する素材で充填します。

【5】 修復歯を支えるための金属製またはプラスチック製の支柱またはポスト(合釘)を根管に挿入します。

【6】 最後にセラミック製または金属製のクラウンで歯をかぶせて修復します。


治療後

むし歯菌と、みがき残しのよごれがあるかぎり、ふたたび虫歯になる恐れもあります。
虫歯と歯周病の療法を予防するにも、しっかりとした歯磨きと定期的な検診が不可欠です。

消毒減菌について

殺菌消毒済のスリッパを
使用しています。

当院では、高圧蒸気滅菌(オートクレーブ)、超音波洗浄器、薬液滅菌(グルタラール製剤)及びその他消毒液等を用いて、使用するすべての器具の消毒、滅菌を行っております。